今日は十五夜ですね。


さて、うさぎ組と幼児クラスは食育でした。
十五夜なのでお供えのお団子を作りました
 
なぜ、十五夜にお団子なのでしょう?
これはこれからの収穫への祈りで、お米の粉で作ったお団子を供えるようになったのが、始まりだったそうです。

DSCN5943












だんご粉に水を入れて・・・
DSCN5948

手がベトベト~~~

取れなーい


DSCN5952






上手にまとまったね!

丸~くお団子にできるかな?

DSCN5955
大きいお団子、小さいお団子

色んな大きさ!
DSCN5957














茹でている間も気になって気になって・・・・
DSCN5964















茹で上がった後は、団扇で冷まします。
DSCN5971












出来上がったお団子は三方に乗せて、出来上がり!

うさぎ組とぞう組の合作!
DSCN5986



















ぱんだ組
DSCN5989DSCN5991























ここは男の子達のグループですね
DSCN5995















                               ここは混合グループ!
DSCN5992










最後にすすき!

すすきをお供えするのは月の神様を招くために用いるということです。
本来は稲穂をお供えするそうですが、この時期は稲穂がなく、稲穂に似ている「すすき」をお供えするようになったと伝えられているそうです。

さぁ、今晩、まんまるお月さまは見ることができるでしょうか???